YPZStudio

主にゲームのプレイ日記、小物レビューやTIPSなど

ザグリ不要のFloyd Rose対応Dチューナー!Tonevise Pitch Shifterを使ってみました。

★今回はTonevise Pitch shifterのレビュー記事です。

 

フロイドローズですがEVH D-tunaを付けたいんです

ボディ削るしかないね

それマジで言ってんの…?

 

ギターの6弦を一瞬でEからD音に切り替える手段として所謂、Dチューナーというパーツが存在します。

レギュラー→ドロップチューニングによるギターの持ち替えが必要無くなるため非常に便利なアイテムです。

DチューナーはHIPSHOT GT1やPitch Key PK01など様々なタイプが登場しています。

 

しかしながら、フロイドローズブリッジでは構造の特殊さ故、使えるDチューナーは万年元祖EVH D-Tuner一択という状態。

 

info.shimamura.co.jp

更に、取付には殆どの場合ボディにザグリを入れる必要があります。

Tom Anderson等の高級機種を買ったとして…ボディをザグってまで付けますか?

 

そんなことを考えながら色々パーツを探していたら海外で面白いものを見つけました。

 

 

Tonevise Pitch Shifterとは

www.tonevise.com

フロイドローズのストリングビスに取り付けるタイプのDチューナーです。

 

reverb.com

公式サイトでは日本への発送は対応していませんが、Reverb Shopにて入手可能です。

 

一応国内代理店ではAll Parts Japanが取り扱っています。

但し、定価$37が代理店経由だと8,800円なので一考の余地ありかも。

 

f:id:tamakild:20211031175514j:plain
f:id:tamakild:20211031175516j:plain

Reverb Shopで入手しました。

 

外観について

f:id:tamakild:20211031175658j:plain
f:id:tamakild:20211031175611j:plain

開封。取説とメーカーシールが付属しています。シールって…。

 

f:id:tamakild:20211031175626j:plain
f:id:tamakild:20211031175616j:plain

Pitch Shifter本体。

 

f:id:tamakild:20211031180016j:plain
f:id:tamakild:20211031180018j:plain

早速ストリングビスと交換してみました。見た目はとてもカッコいい感じです。

これ、ロゴ逆さまに印刷されているのでは…?

 

機能について

f:id:tamakild:20211031201457j:plain

先端の凹みの部分にファインチューナーが挟まる位置にセットします。

f:id:tamakild:20211031201847j:plain
f:id:tamakild:20211031201844j:plain

つまんでクルッと回転させてE→Dへ瞬時に変更。

 

f:id:tamakild:20211031201942j:plain

仕組みは簡単で、赤枠の金属片でファインチューナーを押し上げ、1音分ネジの長さを確保しているわけです。

 

感想

フロイドローズなのにザグリ不要でDチューナー、便利だが欠点もある。

個人的にはザグリなしでDチューナー使えるならこんなもんかな、といった感想です。

Dチューナーめちゃくちゃ便利です。

 

レギュラー時は6弦のファインチューナーが使用できなくなる

 注文時気が付きませんでした。これはかなり大きいデメリットです。

 ファインチューナーのネジを無視して金属片で押し上げるため、ネジが効きません

 ドロップ時は金属片が外れるのでネジが効きます。

 

 レギュラー時のチューニングはファインチューナーを使用しない前提で調整します。

 ロックナットを締めた後しっかりEになるようにペグで合わせる必要があります。

 

工賃を考えるとEVH D-Tunaより安い

 EVH D-Tunaはザグリ8,000円+パーツ7,000円=総額15,000円くらいが相場です。

 Tonevise Pitch Shifterは自分で取り付けできるのでパーツ代のみの約半額で済みます。

 

 尚、フロイドローズでDチューナーを使うにはチューニング狂い対策が必須です。

 差額でアーミングアジャスター等購入し、ダイブオンリー化するのも良いですね。

 ボディ無加工を貫くなら、トレモロブロックに木片挟み込みが安定でしょうか。

 

取付が少々めんどくさい

 ブリッジは必ず外してPitch Shifterを取り付けた方がよいです。

 所定位置には簡単に取付られないので、弦交換に合わせて行った方がよいです。

 私は結構試行錯誤する羽目になりました。

 大切なボディを傷つけないためにも是非。

 

まとめ

  • やはりDチューナーは便利!
  • EVH D-Tunaと比較すると結構安い!
  • 色々と欠点もある。

EVH D-Tuna以外の選択肢として結構面白い製品だなと思いました。

日本国内だと中々入手しづらいパーツではありますが、面白いパーツですよ!

 

そういえば、100円ショップのアイテムでも見た目の悪くない簡易Dチューナーっぽいものが作れるので、今度紹介したいと思います。