YPZStudio

主にゲームのプレイ日記、小物レビューやTIPSなど

楽器用充電式9Vバッテリー!Cheeseburger RE9V Batteryを使ってみました

★今回はEffects Bakery Cheeseburger RE9V Batteryのレビュー記事です。

 

エフェクターボードのパワーサプライに空きがないんだが!?

電池で動かすかアダプターを別に持ち運べばいいじゃない

アダプターは重いし電池は毎回買うのがヤダ

 

アクティブPUを搭載したギターやベース、エフェクター類は9V電池を使用します。

超わがままなのですが、これを毎回100円ショップやスタジオで買ってというのが地味にめんどくさいんですね。

頻繁に切れるものでもないので、スペアを1~2個常備しておけば解決なのですが…。

 

というわけで普通の9V電池ではなく、エフェクターメーカーから発売された楽器用の9V充電池を入手しましたので実際に使用した感想を書きます。

実力が気になる方も多いのでは?

 

 

Effects Bakery Cheeseburger RE9V Batteryとは

低価格&高品質かつ、可愛らしいパンのイラストが描かれたエフェクターを多く制作する、人気のメーカーです。

主に楽天市場のNINEVOLTや、サウンドハウスなどで取り扱いされています。

 

そんな人気のエフェクターメーカーが手掛けた楽器用9V充電池が今回紹介するCheeseburger RE9V Batteryになります。

 

外観について

f:id:tamakild:20210612141800j:plainf:id:tamakild:20210612141803j:plain

パッケージはプラスチックのケースになっています。

QRコードでマニュアルが閲覧できるようなのですが、私は未だかつてEffects Bakeryのマニュアルを読めた試しがありません。

※QRコードのURLに飛んでEvernoteが開かれますが、真っ白で何も書いてない…。

 

f:id:tamakild:20210612141740j:plain

一般的な9V電池とのサイズ比較です。

一回り、わずかにチーズバーガーバッテリーの方が大きい事がわかるでしょうか?

 

なお、付属品として9V電池の端子をDC9Vに変換するDCケーブルが同梱されています。

 

機能について

f:id:tamakild:20210612141757j:plain

Micro USB端子にて、充電を行います。

正直発売から1年近く経っているとはいえ、Type-Cにして欲しかったところ。

汎用的なスマートフォン等の充電器で充電可能です。

 

f:id:tamakild:20210612141806j:plainf:id:tamakild:20210612141809j:plain

充電中は赤、充電完了すると緑にランプが光ります。

 

使用感について

f:id:tamakild:20210612141734j:plain

9V電池として使用するか?付属ケーブルを使って簡易9Vアダプタとして使うか?ですが、私は簡易9Vアダプタとして使うことにしました。

ポケットにスッと入るため軽くてスペースを取らず、普段9VDCアダプタを持ち運ぶ人にはとても恩恵が大きいと感じました。

 

しかしながら、使用を重ねるごとにかなりクセの強い機材であるという事がわかりました。

スタジオ等にて使用する場合は事前に自宅で手持ちの機材に使用できるか確認してから実践投入した方がよいでしょう。

 

以下、私が感じたクセが強い部分を記載します。

 

電池サイズによる問題

f:id:tamakild:20210612141746j:plainf:id:tamakild:20210612141749j:plain

BOSS OD-3に使用してみた時の様子なのですが、ご覧の通りチーズバーガーが電池ボックスに収まっていません。ギチギチです。

かなり力を入れてボックスに押し込めば使用できないこともないのですが、チーズバーガーの外装が剥げるし、取り出すときに非常に苦労するしで正直使用できない、と思った方が良いと感じました。

 

ちょっと、えーっ?って感じですね。

日本のキングオブエフェクター、BOSSコンでこんな事になるとは…。

 

f:id:tamakild:20210612141743j:plain

こちらはSCHECTER DAMIENの電池ボックスですが、こちらもギチギチ。

外す時はプラスチックのヘラのようなものがないと無理です。

 

電池としては意外とノイジー…?

f:id:tamakild:20210612141738j:plain

いつも使用しているOD-3にて、以下3パターンの電源で音を聴いてみました。

 

①ZOOM製9VDCアダプタ

 Furmanの電源タップに接続しているが、ブーン…という電源ノイズが乗った。

②チーズバーガー電池

 高音のヒーン…というヒスノイズが常時乗ってしまい、使用に耐えられない。

③チーズバーガーDCアダプタ

 電源ノイズもヒスノイズも感じられない。

 

あくまでも私の環境ですが、このノイズの乗り方の違いにより、簡易9Vアダプタとして使用することが決定しました。

アダプタより電池の方が電源ノイズから解放されるためノイズレスである、というのが一般的ですが、まさかの定説を覆す形になってしまいました。

まぁ、充電池ですし…。

アダプタ駆動のみの超小型ペダルのノイズレス化には効果があると感じました。

 

何故か駆動しないエフェクターがある

何故か「JOYO DYNA COMPRESSOR」のみ電池駆動出来ませんでした。

他の電池では普通に駆動するのですが。

また、簡易9Vアダプタとして使用すると普通に使えました。

 

正直原因がよくわかりません…。

 

まとめ

  • 小さく軽く、持ち運びにとても便利なのでポケットに忍ばせておきたい!
  • 都度9V電池を買わなくても良くなるので便利。
  • 但し非常に癖が強いため、手持ち機材に使用できるか事前に検証しないと危険。

個体差や使用者の環境によって便利度が変わる機材ではありますが、可搬性は非常に高いため便利に使いたいところです。

 

バンド仲間へのプレゼントとかにはとても良いと思います。

何より、手頃ですしね。